艦これ 2020 夏&梅雨イベント開催! 堀の結果は…

艦これイベント、終わりました

E-1「甲」E-2「乙」で
クリアしましたが3.4.5.6は
丙、E-7は丁でクリアしました。

本当は1.2以外は全部丙で
クリアするつもりだったのですが
E-7のあまりの面倒臭さに…。

難易度下げる以上、札は
関係ないので、自分で試行錯誤
していけばよいのでしょうけれど…

いわゆるギミック関連が面倒で
ほぼ、攻略サイトなどの編成を
丸々参考にして、ところどころ
好みで入れ替えて…という感じになりました。

新艦が豊富という呼び込みのイベントでしたが
新規ドロップとしては
「迅鯨」「有明」は攻略中に
出てくれたので、獲得しましたが
それ以外の新規艦は出ず。

途中、グラーフだったり、ヒューストンだったりの
二隻目が出てきましたが…自分は
基本的には一隻教なので、とくに喜べず。

堀はしない主義なので
あまりドロップ運が良くなかったのは
残念ですね…。

そもそも、もう母港が…
もっというなら、保有している艦の
6割?7割は毎度のイベントでも
ほぼ使わない訳で…

「これくしょん」である以上、それ次第も
ゲーム性の一つではあるのですが
何で自分は集めているんだろう…と
疑問に思ってしまうこともしばしば。

まぁ、ともかくともかく。
半分自分への課題として
取り組んだイベントでした。

これにとりかかるまで
数カ月間、ログインしてなかったからなぁ…

そして。
今後イベントは全部丙か
丁でいいかなぁ…と思わせる
内容のイベントでした…。

いわゆる「甲」で突っ走っている
強者と違い、かなり甘々な
難易度で、手間も作業もかなり
少ないはずなのに…「面倒」という
思いしか、感じなくってですね…

作業・手間暇に意味や意図が
ありそれをキッチリ説明してくれるなら
ゲームとしても、盛り上がり要素!と
なるのですけれど…

第一ボス倒す→次のボス登場
→ボスの場所分からない→ギミック→ボスの場所が
出てくる→ギミック→ショートカットコース出てくる
→ボスを後最後の一撃まで追い詰める→ギミック
→弱くなるので、倒せるまで頑張る

こんな流れの海域があったり
各海域に出撃させるキャラクター達は
一旦決めると、もう変更出来なかったり…

もちろん、自分が選んだ難易度の場合は
上記のルールのほぼ全ては
無視できるのですが…それはそれで
もうゲームじゃないな、と思ったりしました。

低い難易度を選択しても
自分の中で縛りを決めたり、ロールプレイに
よって、楽しく遊んでいる方も
多いので、そういうルール自体を否定
する気はないのですが…

自分の中では
「ゲーム=娯楽」という点が大きいので
達成感を味わう為だけでなく、その過程も
「楽しい!」と思えないとゲームを
している意味がない訳で…。

という訳で。
毎度書いている気がしますが
今後もキャラクター達は大好きな作品なので
引退!とか全部解体する!とか
過激なコトは申しませんが
【イベントのみ参加提督(丁)】
という存在にはなっていきそうです。

"艦これ 2020 夏&梅雨イベント開催! 堀の結果は…"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。