りゅうおうのおしごと 14巻 購入&読了しました(一部ネタバレ)






13巻は飛ばしましたが
本編である14巻は買いました。

早速感想

「…ヒェッ」


いや本当にそんな最後でした。

全編通して、将棋そのものよりも
人物達の出来事に対しての文章が
多めで、途中途中「あ、これはこの伏線というか
自分が思ってたのと違う意味だったのか…」と
感心したり、登場人物全員が
爽やかで腹黒かったりで
感情が揺さぶられて楽しめたのですが…


文章やらなんやらも含めて
最後に「ヒッ・・・」となりました。


いやぁ、いろんな意味で次巻以降が楽しみですね。
今巻からが最終章というコトでありなおかつ
作者の書きたいラストは決まっているようすので
自分の見て楽しめる範囲のラストであることを祈るばかりですね…。

この記事へのコメント