葬送のフリーレン 淡々とした会話劇とバランスの良いギャグとシリアスにハマった

最初に知ったのは、確かTwitter。
作者さん本人だったのか、他の人の紹介だったのか。

数ページ公開されてて、それを読んだら
いつのまにかKindleで1を購入していて
「あ、これは自分好きだな」と感じたら
もう2巻が予約出来て…。

もちろん、予約してしまってました。
今基本的にコミックは電子書籍で
読むことにしてるのですが、なんとなく
現物を置いておきたい気分になりまして。

内容として、過去を振り返りながら
現在を問題やトラブルを解決していく
ファンタジー。

魔王がいて、勇者がいて、ドワーフがいて
エルフがいて、魔法があって、魔物がいて…と
世界観は王道。

でも、もう魔王は滅びていて
勇者は英雄で伝説になっていて
もう世の中にはいなくて…

主人公は寿命の長いエルフ。
一緒に冒険した勇者が亡くなり
感情が一気に動いて、そこからストーリーの始まり。

だから「葬送」

___多分。
ストーリー見ている限り、もう少し違う意味にも
なっていきそうだけど…そこはまぁこれからなので。

妙に淡々と進んでいく割に
人間関係は豊かに描かれているし
感情描写は激しくない割に
ジーンと来ることもあり。

シリアスっぽい雰囲気ながら
絶妙にぶち壊してくるユーモアもあったり。

絵のシンプルなキレイさも
話の進むテンポの良さも大好きです。



ハマりました。
コミックはどちらかというと
単行本はなので、しばらく供給はないのが
残念。サンデー連載なので、雑誌まで買って
しまおうか、なかなかに悩ましいです、はい。


この記事へのコメント