メディア発のパニック…目が覚めるのはやっぱり数字なんですね…愛知県だけでもこんな数字

新型コロナウイルス
見事にパニックですね…。

次々とイベントが中止され
マスクや消毒類が品切れ、転売され
毎日毎日、ほぼ全てのニュースで感染者の情報が
報道される。

自分がいる愛知県でも
岡崎の病院で患者を受け入れるとかで
住民が説明会で紛糾したとかなんとか…

個人的に気持ちは分かるんですけれども
ふと思い立って少し数字を探してみたんです。

感染症の発生状況(愛知県)
https://www.pref.aichi.jp/eiseiken/kansen.html
愛知の結核
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/0000012473.html


分かる部分だけ目を通して
気になるものだけを更に調べていって…
すると、テレビで全然騒いでなくても
日々どれだけ感染症との戦いを
繰り広げてくれているのか…思い知ります。
特に結核とか…リンク先で言及されてますが、終わった病気の一つだと思ってましたよ…

で、数字を見る限り報道の大きさや騒ぎの大きさは
ともかく、他のウイルス感染症と大差ないどころか…
という感じ。

新型である・感染範囲の広さ・世間の騒ぎ方・世界の騒ぎ方…
そういったものを見ているとそれのみに
注目して、感情的になるのはよ~く分かります。
自分だってそうです。

これだけ毎日「感染者がまた増えた!「感染者はドコドコにった!」
「危機感危機感」「キキカンガタリテナイー」とか
繰り返されれば、必要以上に不安にもなります。

ただ…テレビでやることだけが、重要って訳では
ないことに、殆どに人は気づいていると思います。

「正しく怖がる」
クサい言葉だなぁ、と思ってはいましたが
これ、大事です、本当に…。




追記
なんと1日50人以上「インフル死者」が日本で急増する不気味

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00033053-president-soci

この記事へのコメント